ヴォクシー値引き交渉術

ヴォクシー値引き情報

ヴォクシー値引きはその時ごとに値引き相場が変化します。まずは今の値引き状況をチェックしてみましょう。

 

ヴォクシー車体値引き限界額 ヴォクシーオプション値引き率
25万円(ZS煌2は15万円) 10%~15%

合計限界値引き額→30万円(ZS煌2は20万円)

 

当サイトでは、ヴォクシーを限界まで値引きし、トータルで50万円ヴォクシーを安く買う方法を解説しています。少し長いですがぜひ目を通してください。

 

まずはヴォクシー値引き交渉の準備をしよう

 

今乗っている車と、ヴォクシーを入れ替えるという人は多いはず。そのとき、ほとんどの人がディーラー下取りを選択しています。しかし、「ディーラー下取りは安い」というのが常識となっており、買取相場よりも数十万円安いなんてこともザラにあります。

 

なぜ買取相場より安いのかというと、ディーラーには買い取った車を売却する手段があまりないからです。基本的には、地元の中古車オークションにそのまま流して終わりです。そのため、買取金額はなかなか伸びないのです。

 

せっかくヴォクシーを限界まで値引きしても、ディーラー下取りを選んでしまうとトータルではマイナスに転落…なんてことになりかねないので、事前に愛車の買取相場を調べるのが鉄則です。相場がわかっていれば、ディーラーに下取り金額を提示されても、高いか安いかがかんたんに判断できるようになるのです。

 

大切なのは、ヴォクシー値引き交渉前に、愛車の買取相場をリサーチしておくことです。そうしないと交渉中に提案された下取り価格が高いか安いかわからず、激安価格で買い叩かれてしまうかもしれません。

 

必ず交渉前に愛車の相場は調べておく必要があります。

 

愛車の買取相場を調べる方法!

愛車の買取相場を調べるには、中古車買取店から査定を受けるとよいでしょう。中古車買取店は国内・海外に多くの販売ネットワークを持っており、最大限高く愛車を買い取ることができます。特に今は海外で日本車が人気ですから、思わぬ高額査定をしてもらえることも多いです。

 

ただし、1店舗だけで査定をしてしまうと、たまたま在庫が余っていて安い査定になることもあるので、2~3店舗から査定を受けたほうがいいでしょう。そうすれば、基本的にはそこそこの買取金額が獲得できます。

 

インターネット一括査定を使ってみよう

中古車買取店に行くのが面倒…なんて人には、オンライン一括査定が便利です。

 

自宅にいながらにして、パソコンやスマホを使えばすぐに一括査定がうけられるので面倒がありません。

 

また、ネットの一括査定の場合、業者が仮査定を出さないといけない決まりになっています。つまり、他の業者に負けないように、最大限高い価格を提示せざるを得ないのです。そうしてオークションのような状態になり、買取価格が高騰しやすいのが魅力です。

 

なので、ネットの一括査定の場合、ディーラー下取りよりも平均して30万円近く高い査定額が出ると言われています。

 

一括査定サービスはいろいろありますが、その中で一番人気が高いのが「かんたん車査定ガイド」です。

 

 

↑は実例ですが、一括査定をするとその場ですぐに愛車の暫定買取相場が表示されます。この機能がとても便利で、しかも他の一括査定サービスにはありません。

 

あとはこの金額をメモしておいて、交渉に持ち込みます。そうすれば、ディーラーで交渉する際に営業マンが下取り査定額を言ってきても、相場より高いか安いかがすぐに判断できるのです。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
 http://a-satei.com/

 

1分程度でできるので、とてもかんたんです。

他の一括査定を合わせて使うのも手

愛車と目いっぱい高く売りたいときは、その他の一括査定サービスも使ってみましょう。そうすれば、もっと多くの業者から査定を受けられるので、買取金額が高騰しやすくなります。

 

カーセンサー

リクルートが発行している自動車情報誌「カーセンサー」の一括査定サービスです。最大30社から一括査定が受けられるため、買取金額が高騰しやすいほか、リクルート運営という安心感もあります。入力項目がちょっと多いですが、それでも数分で完了します。

 

公式サイトはこちら
 http://carsensor.net/

ズバット車買取比較

全国150社もの業者に対応している一括査定サービスです。なので地域密着の業者、さらにはマイナー系の車種にも強く、高額買取が出やすくなっています。郊外に住んでいたり、スポーツカーなどの車種に乗っているならおすすめです。

 

公式サイトはこちら
 http://www.zba.jp/

 

ヴォクシー値引きの事情を知ろう

 

ヴォクシーは国産のミニバンでは最も売れている車種となります。ミニバンとしてはいち早くハイブリッドを取り入れ、従来のファンだけでなくエコ志向のドライバーを摂りこむことに成功。毎月1万台以上の売り上げを誇っており、まさしくトヨタの看板車種と言えます。人気の高い車種だけにヴォクシーの値引きは渋めで推移しており、値引き交渉がうまくいっても車体価格25万円引き程度が限界となっています。もちろん何もしないでいると10万円程度の値引きで止められてしまうことも良くあるので、きちんと値引きを広げるにはしっかり交渉を重ねていく必要があります。

 

ヴォクシーはトヨタの車なので、トヨタ車ならではの交渉術を活用することが重要です。トヨタのクルマはなんといってもトヨタ同士の競合が非常に有効です。

 

ヴォクシーはネッツ専売だから競合できないのでは?と思われがちですが、そんなことはありません。実は、「ネッツトヨタ○○」の○○の部分が1文字でも違えば別資本になります。例えば、「ネッツトヨタ東都」と「ネッツトヨタ東京」は別資本となり、競合させれば客の奪い合いに発展します。

 

また、ヴォクシーにはノアという姉妹車があります。ノアは価格帯や機能がボクシーによく似ており、カローラ専売のためヴォクシーとは扱っているディーラーも違います。なので、ヴォクシーとノアを競合させるのも効果大なのです。

 

ライバル車としては、セレナ、ステップワゴンなどがあります。ただ、ヴォクシは、ライバル車よりも売り上げ好調なので、ライバル相手では反応がない場合もあります。ライバル車競合については、ヴォクシー同士、ノアとの競合を試して、それでも目標達成できないときの最後の手段程度に考えていればOKです。

 

ヴォクシーの値引きを行うなら、基本となるのはヴォクシー同士の競合です。そこにノアの相見積もりもからめていくことで、上手に値引きを引き出すことができます。

 

値引き交渉を3回で決める

 

今の愛車の買取相場がわかって、ヴォクシーの値引き交渉術も把握したら、あとは実戦に入ります。その際、2つのポイントに注意してください。

 

しつこく交渉しない

むやみに何度もディーラーに通うのは逆効果です。「また来たのか…」と思われて交渉は進まなくなります。交渉は全部で3回と決めることで、営業マンにも意気込みが伝わって、スムーズな商談が可能となります。

 

予算を決めておく

商談をする前に、予算をしっかり決めておきましょう。例えば車体+オプションで25万円値引きしたいなら、ヴォクシーの定価から25万円引いた金額を予算に設定します。その予算を営業マンに伝えたり、あえて隠してにおわせたりするのは自由ですから、とにかく予算だけは決めておいてください。予算を決めておかないと、営業マンはいくらまで値下げすればいいのかわからなくなり、交渉に応じてくれにくくなります。

 

それでは、初回~3回目までの交渉の流れをご説明します。

 

初回交渉

ヴォクシー値引きの初回交渉は、あいさつ程度でOKです。ここで激しい交渉に持ち込んでしまうと、営業マンは引いてしまいます。なので、ここではヴォクシーの見積もりを取る程度で問題ありません。

 

実際にネッツ店にいって話を聞いてもいいのですが、すでに書いたように複数のネッツ店を回ったり、さらにはカローラ店でノアの見積もりを取ったりするので、結構面倒です。

 

効率的に進めたいなら、「オートックワン」などのオンライン新車見積もりサービスを使ってみるのも手です。パソコンやスマホからヴォクシーやノアなどの見積もりを取り寄せることができるので、初回交渉を自宅で済ませることができます。また、取り寄せた見積書の段階で、ある程度の値引きがされていることも多いです。

 

重要なのは、ヴォクシーの見積もりを取ること。こちらから見積もり依頼しているので、営業マンとしても「この人は期待できるかも」と思わせることが可能です。直接ディーラーに行ってもいいですし、オンライン取り寄せでもいいので、とにかくヴォクシーの見積書は取るようにしましょう。

 

ネットで新車見積もりができる「オートックワン」の公式サイトはこちら

 

 http://autoc-one.jp/

見積りをとらずに交渉をしても、営業マンにはすぐにバレてしまいます。現実味がないですし、質問にもうまく答えられないはずなので、見破られてしまうのです。そうすると信頼はなくなり、交渉は確実に失敗します。今後そのディーラーに行けないかもしれません。

 

本命ディーラー、対抗ディーラー、さらにはライバルディーラー、全てできちんとした見積もりを取るようにしましょう。

 

2回目交渉

ヴォクシーやノア、ライバル車(セレナやステップワゴン)の見積書を揃えたら、次は2回目交渉となります。ここでは、初回とは違い、しっかり交渉をしていきます。

 

見積書を持参してお店にくるお客さんは、ディーラーにとっても熱いお客さんなので、きちんと対応してくれる傾向があります。

 

ここでは、以下のことを行ってください。

 

  1. 対抗ディーラー(別資本ネッツディーラー)などの見積書を持っていることをにおわせて、ヴォクシーの値引きを迫る
  2. 対抗ディーラーの見積書は見せない
  3. ヴォクシーのオプション値引きもしっかり取っていく
  4. じっくりと時間をかけて交渉を煮詰める
  5. 契約しないで帰る

 

対抗ディーラーの見積書も持っていって、「あのお店ではノアが結構安くなるんだよな」なんてことを言いながら圧力をかけましょう。すると、営業マンは対抗しようとして値引き額を上乗せしてきますここで注意したいのが、対抗ディーラーの見積書を見せないということです。見せてしまうと、その見積書が基準になってしまうので、ちょっと値引き上乗せという形で終わってしまいます。見せないようにすることで、営業マンは「どのくらい安くなったんだろう」と想像して、限界値引きを付けてくれるようになるのです。

 

もし「見せてくれ」と言われたら、「他店に迷惑がかかると困るので」といって断ってください。ちゃんと手元に持っていれば、リアリティがあるので圧力はかけられます。

 

ただ、あえて見せるというのも手です。なかなかヴォクシーの値引きが伸びないときは、見せてしまって、「その価格より下げて」というのは比較的かんたんです。限界値引きは無理ですが、交渉を進めることはできます。(もちろん、他店に迷惑をかけないことは約束させましょう)

 

ただし、この「見せる作戦」は最後の手段です。できるだけ、見せないようにしてヴォクシーの限界値引きを狙うようにしましょう。

 

ヴォクシーのオプション値引きについては、「つけたいんだけど、予算がちょっと足りなくて」というようなことを言えば、わりあいあっさり値引きはできます。きっちりオプション値引きをとることも忘れないようにしましょう。

 

長時間かけて交渉していくと、営業マンも熱が入ってきて「今すぐ契約を!」と迫ってくるはず。熱意にほだされて「契約しようかな」なんて思うかもしれませんが、ここは我慢して「家族で会議して決める」なんてことを言って契約せずに帰宅してください。ここで帰るのがヴォクシー限界値引きのキモです。

 

3回目交渉

 

ついに最後の交渉です。3回目だと、営業マンも「絶対今日決める」と意気込んでいるはずなので、こちらの条件もドンドン通っていきます。

 

ヴォクシー値引き増額は当然、諸費用カットやガソリン満タン納車などいろいろ条件を提示しまくってください。

 

ここでは、欲張らないことに気を付けてください。事前に決めたヴォクシーの購入予算を達成したら、ちゃんと契約してあげましょう。そうでないと、営業マンが「がんばって予算内にしたのに、裏切られた」と感じて、一気に冷たくなります。

 

ヴォクシー商談に効果がある交渉術をいくつか紹介します。ここという場面で使ってみましょう。

 

はんこを取り出して「ヴォクシーがあとXX円安くなるならこの場で契約する」とタンカをきる。
「嫁さんがノアの方がいいと言って聞かない。安くなれば気持ちが変わるかもしれない」と泣き落としに走る。
契約寸前にオプションを追加して、「予算足りないなあ」と困ったフリをする。営業マンはギリギリで契約を白紙にしたくないので、オマケしてくれやすい。

 

まとめ

 

愛車の買取相場を調べておく

今の愛車の買取相場を知っておかないと、ディーラーから下取り価格を言われたときに高いか安いか判断できません。もし安い状態で売ってしまうと、数十万円の損失となることもあります。

 

なので、一括査定サービスを利用して、愛車の買取相場は必ず調べておきましょう。

 

かんたん車査定ガイドの公式サイトはこちら
 http://a-satei.com/

 

ヴォクシー値引き交渉の知識を身につける

ヴォクシーはトヨタの車なので、異資本トヨタディーラー同士の競合が非常に効果的です。ヴォクシーはネッツ専売ですが、ネッツにも異資本ディーラーがあるので競合させていきましょう。

 

また、ノアやステップワゴン、セレナなどとの相見積もりを絡めるとさらに値引きを引き出していくことができるでしょう。

 

3回交渉する

ヴォクシーの値引き交渉は3回できっちり決めましょう。何度もしつこく交渉しても逆効果です。

 

もし3回目でもうまくヴォクシーを値引きできなかったときは、別のディーラーに切り替えましょう。ネッツディーラーはたくさんあるので、交渉相手を移していけば、いずれは満足できるディーラーに出会えるはずです。郊外よりも都心部の方が値引き率が高い傾向があるので、郊外に住んでいるなら都心部のディーラーに切り替えるのがおすすめです。

 

初回交渉は複数のディーラーを回らないといけないので、時間短縮するならオンラインの新車見積もり取り寄せサービスを使うとよいでしょう。

 

ネットで新車見積もりができる「オートックワン」の公式サイトはこちら

 

 http://autoc-one.jp/

 

このような流れでヴォクシー値引きを進めれば、愛車の売却で20~30万円、値引きで20~30万円ほどコストカットできるので、トータルで50万円のコストカットも十分実現可能です。

 

ヴォクシー値引きの基礎知識

ヴォクシー値引き目標を決める

まずはじめに理解しておいてほしいことは、「ヴォクシーの車両本体値引き」と「オプション・付属品値引き」は全くの別物ということです。ヴォクシーの場合「車両本体値引き」は25万円程度が限度で、オプション・付属品については15%値引きできれば上々です。

 

ヴォクシーの値引きについていろいろ調査していると、「50万円値引き達成!」などの情報を見かけることもあると思います。しかし、それはオプションを100万円以上付けるからこそ達成できる数字です。そういた情報に左右されると、「自分もヴォクシーを50万円値引きしよう!」と意気込んでしまい、無理な交渉を重ねて時間を浪費してしまうことになるのです。

 

営業マンも同じ人間なのですから、限界を超える契約を迫るお客さんが相手だとやる気をなくしてしまうでしょう。でも、明確なヴォクシーの値引き目標を持っているお客さんが相手なら、「こっちもきちんと対応しないと」と思って折り合いを付けてくれるものなのです。

 

ライバル車情報 こちらも参考になります!

 

ノアの値引き情報
セレナの値引き情報

 

ヴォクシーお役立ちサイト

 

トヨタヴォクシー公式サイト