ヴォクシーの値引きを渋られたら、こう出よう

値引きを渋られたらこう出よう

契約日 2015年9月
納期 2カ月
車体値引き額 100,000円
オプション値引き額 116,265円
その他値引き -
値引き総額 216,265円
下取り なし
愛車の売却額 125万円

家計費の見直しの為に、二台所有していたマイカー(エスティマ/ムーヴラテ)を一台にすることになりました。ノアを扱っているカローラ店(1店は14年間の付き合いがあります)と商談しましたが、ガードが固いようで思ったほど値引きを引き出せません。

 

本命のヴォクシーは、二度目の商談で車両本体値引き7万円、オプション値引き7万円、二台の下取り合計118万円(ムーヴが30万、エスティマが88万円)の提示を引き出しました。いままでの交渉経過を伝えてここからもうひと押しです。

 

「このままでは商談は平行線だ、カローラ店が出せないラインの金額を一発大きく出してください! そしたらそれで決めます」と強く出たところ、店長に掛け合ってくれ最終的には車両本体は10万円引き、オプション33万4682円から11万6265円引き、下取り合計123万円を引き出すことができました。

 

状況を見て、強気に行くのも戦術ですね。

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

小刻みな対応にはげんなり
じわじわ小刻みに値引き条件を出してくるセールスにうんざりでしたが、その後意外な展開が
一発逆転の一言でダメ押し
停滞している商談に最後のもうひと押しが欲しい場面、ここで一発逆転の一言です