ヴォクシーを寒冷地仕様にしたほうがいいのはどんなとき?

寒冷地仕様にしたほうがいいのはどんなとき?

ヴォクシーを購入しようと思っているのですが、寒冷地仕様にするかどうかで悩んでいます。

 

北海道などの北国に住んでいたら迷うことはないと思うのですが、当方は山梨県に住んでいてヴォクシーの寒冷地仕様は必要ないかな~と思っていました。

 

ですが、子どもがまだ小さく、ヴォクシーは広いので、冬場は普通のヒーターだけだと寒いかなとも思うのです。

 

寒冷地仕様にしたほうがいいかどうか教えてください。

 

回答

 

まず寒冷地仕様の内容について知っておいた方がいいと思います。

 

機能 標準仕様 寒冷地仕様
エンジン冷却水 LLC 30% LLC 50%
フロントドアガラス UVカット UVカット+撥水機能
ウインドシールドデアイサー なし あり
エアースパッツ フロント フロント+リア
ウィンドシールドワイパー 標準 寒冷地用
ドアミラー レインクリアリングミラー レインクライリングミラー(ヒーター付き)
フロントヒーター 補助ヒーターなし 補助ヒーターあり
リヤヒーター なし あり
フロアアンダーカバー 標準 寒冷地仕様

 

↑が寒冷地仕様で変更がある機能です。基本的にほとんどが氷結対策機能となっており、氷点下にならない環境だとあまり役に立たない場合が多いでしょう。

 

車内の温度調節にかかわるのは、表の中でオレンジ背景の部分です。具体的には、フロントヒーターが補助付きになる点と、リヤヒーターが「あり」になる点ですね。

 

ヴォクシーの寒冷地仕様はメーカーオプション扱いで、約9万円となります。北海道などの氷結リスクがある地域ならこの価格アップは許容範囲内ですが、氷結リスクが少なく、ただ寒いのが心配、というのみで9万円払うかどうかは人によるでしょう。実際、関東以南の寒冷地仕様率は1%以下となっています。

 

確かに冬場は標準のフロントヒーターだけでは後部座席が寒いかもしれませんが、氷結リスクがない地域の場合はなるべく暖かい格好をするとか、毛布を常備するなどの対策をしたほうがコスト的にはよいでしょう。

 

ただ、寒冷地仕様にすると後部座席のオートエアコンが付くので、夏場もメリットはあります。後部座席のエアコン調整を子供に任せられない、というときは、オートエアコン付きの寒冷地仕様にするのも手でしょう。


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

インチアップ・ローダウンで乗り心地は変わる?
ヴォクシーはエアロが人気なだけあって、自前でのインチアップやローダウンをしたいという人も多くなっています。それによって乗り心地などは変わるのかを解説します。
コンパクトカーからの乗り換えでも問題ない?
今までコンパクトカーに乗っていたけど、子どもが増えたとか両親と一緒に住み始めたなどの理由で、ヴォクシーに乗り換えるなんてこともあるでしょう。ここではコンパクトカーからヴォクシーに乗り換える際の注意点を説明しています。
サイドエアバッグは付けたほうがいい?
ヴォクシーのサイドエアバッグはメーカーオプション扱いとなっているので、付けたほうがいいか迷う人もいるでしょう。ここではヴォクシーのサイドエアバッグの扱いについて解説します。
アイドリングストップしない場合はある?エアコンは平気?
ヴォクシーのガソリン車(X“C Package”を除く)にはアイドリングストップがついていますが、いつでもアイドリングストップするわけではなく、しないシチュエーションもあります。また、エアコンとの兼ね合いが気になる人も多いでしょう。ここではヴォクシーのアイドリングストップについて解説します。
LEDフォグランプは高い?HIDなどに安く交換する方法はない?
ヴォクシーのLEDフォグランプは、ディーラーオプションだと10万円程度となるのでかなり高額です。安く済ませたい場合は、LEDやHIDの社外品を購入して交換するのが良いでしょう。