ヴォクシーのインチアップ・ローダウンで乗り心地は変わる?

インチアップ・ローダウンで乗り心地は変わる?

ヴォクシーを購入したのですが、標準の外見ではどうも満足できず、インチアップやローダウンをしようかなと思っています。

 

225 40 18程度なら乗り心地もそれほど変わらないかなと思うのですが、問題ないでしょうか?

 

 

回答

 

まず「乗り心地」についてですが、ほぼ間違いなく変わってしまうと考えたほうがいいでしょう。

 

もちろん、乗り心地には好みがあるので、「インチアップ・ローダウンをした結果、標準よりも好きな乗り心地になった」ということはありえます。ただ、トヨタは開発時に乗り心地もすべて考慮して設計しているので、基本的にはヴォクシーのインチアップ・ローダウンの結果「ちょっと乗り心地が悪くなった」と感じる人が多いようです。そうなると元に戻すのにも余計なコストがかかります。

 

また、耐久性の面でも問題があります。一般的に言って純正品よりも耐久性が弱く、おかしなメーカーに当たってしまうと半年程度でダメになることもよくあります。もし乗り心地を無視してでもインチアップ・ローダウンをしたいという場合は、耐久性の高い、評判のいいメーカーをしっかりと選ぶ必要があるでしょう。

 

さらに言うと、インチアップをすると一般的に燃費性能は落ちてしまいます。大きな落差はありませんが、10万キロ走行するとなると5万円~10万円程度の燃費コストアップは覚悟したほうがいいでしょう。
以上を考慮すると、

 

  1. 乗り心地は確実に変わる(好みに合う可能性はある)
  2. 耐久性が落ちる可能性がある
  3. 燃費コストはアップする

 

上記のリスクが我慢できる場合のみ、ヴォクシーのインチアップ・ローダウンを試みるというほうがよいでしょう。

 

メーカーについてですが、評判が高いのは「TEIN」です。もともと乗り心地を重視したチューンですし、歴史も長く価格も安めなので入門としては最適でしょう。

 

TEINはダウン幅が小さいので、もっとローダウンしたいという場合はRSRやブリッツといった選択肢もあります。


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

寒冷地仕様にしたほうがいいのはどんなとき?
ヴォクシーには「寒冷地仕様」というメーカーオプションがあり、寒い地域に住んでいる場合に選択肢に入ります。この寒冷地仕様にはどんな利点があるのかを解説します。
コンパクトカーからの乗り換えでも問題ない?
今までコンパクトカーに乗っていたけど、子どもが増えたとか両親と一緒に住み始めたなどの理由で、ヴォクシーに乗り換えるなんてこともあるでしょう。ここではコンパクトカーからヴォクシーに乗り換える際の注意点を説明しています。
サイドエアバッグは付けたほうがいい?
ヴォクシーのサイドエアバッグはメーカーオプション扱いとなっているので、付けたほうがいいか迷う人もいるでしょう。ここではヴォクシーのサイドエアバッグの扱いについて解説します。
アイドリングストップしない場合はある?エアコンは平気?
ヴォクシーのガソリン車(X“C Package”を除く)にはアイドリングストップがついていますが、いつでもアイドリングストップするわけではなく、しないシチュエーションもあります。また、エアコンとの兼ね合いが気になる人も多いでしょう。ここではヴォクシーのアイドリングストップについて解説します。
LEDフォグランプは高い?HIDなどに安く交換する方法はない?
ヴォクシーのLEDフォグランプは、ディーラーオプションだと10万円程度となるのでかなり高額です。安く済ませたい場合は、LEDやHIDの社外品を購入して交換するのが良いでしょう。