ヴォクシーにはサイドエアバッグは付けたほうがいい?

サイドエアバッグは付けたほうがいい?

ネッツディーラーでヴォクシーの話を聞いていたら、どうもサイドエアバッグは標準装備ではなくメーカーオプションということでした。

 

費用が追加でかかってしまうので、付けたほうがいいのか迷っています。

 

実際、価格以上の価値はあるのでしょうか?

 

回答

 

ヴォクシーだとサイドエアバッグはメーカーオプション扱いですが、アルファード/ヴェルファイアやレクサスなどの高級モデルでは標準装備となっています。つまり、横からの衝撃に対しては一定の効果があり、頭部などを守る役割が果たせると判断されているわけです。役に立たないものであれば、高級モデルに装備はしないでしょう。

 

また、安全装備が多いほど万が一のときの安心感につながるわけなので、日ごろの運転の余裕につながります。安全性の高い車に乗っている人ほど、安全運転をするというのは統計上もデータで出ていることなので、精神的に余裕をもつためにもサイドエアバッグを付けるというのはよい手でしょう。

 

サイドエアバッグは全グレード共通で48,600円となっているので、安い買い物ではありませんが、それ以上の利点があると言っていいはずです。価格面などの詳しい説明は↓をご覧ください。

 

>>メーカーオプション・パッケージのおすすめは何?

 

なお、サイドエアバッグが最大限効果を発揮するのは「シートベルトを付けているとき」となります。横からの衝撃があっても、シートベルトをしていれば体は固定されますが、頭は横に動いてドアやドアガラスに頭を打ってしまう可能性があります。その衝撃を緩和するのがサイドエアバッグなのです。なので、サイドエアバッグがあるからといって安心というわけではなく、シートベルトをしていないと効果は薄れるので注意が必要です。

 

ちなみに、トヨタは2007年に全車種にサイドエアバッグを標準装備をすると発表していたのですが、いまだに達成されていません。全車種対応すればヴォクシーにメーカーオプションでサイドエアバッグを付けるか悩む必要がなくなるので、早く達成してほしいところです。

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/

関連ページ

寒冷地仕様にしたほうがいいのはどんなとき?
ヴォクシーには「寒冷地仕様」というメーカーオプションがあり、寒い地域に住んでいる場合に選択肢に入ります。この寒冷地仕様にはどんな利点があるのかを解説します。
インチアップ・ローダウンで乗り心地は変わる?
ヴォクシーはエアロが人気なだけあって、自前でのインチアップやローダウンをしたいという人も多くなっています。それによって乗り心地などは変わるのかを解説します。
コンパクトカーからの乗り換えでも問題ない?
今までコンパクトカーに乗っていたけど、子どもが増えたとか両親と一緒に住み始めたなどの理由で、ヴォクシーに乗り換えるなんてこともあるでしょう。ここではコンパクトカーからヴォクシーに乗り換える際の注意点を説明しています。
アイドリングストップしない場合はある?エアコンは平気?
ヴォクシーのガソリン車(X“C Package”を除く)にはアイドリングストップがついていますが、いつでもアイドリングストップするわけではなく、しないシチュエーションもあります。また、エアコンとの兼ね合いが気になる人も多いでしょう。ここではヴォクシーのアイドリングストップについて解説します。
LEDフォグランプは高い?HIDなどに安く交換する方法はない?
ヴォクシーのLEDフォグランプは、ディーラーオプションだと10万円程度となるのでかなり高額です。安く済ませたい場合は、LEDやHIDの社外品を購入して交換するのが良いでしょう。