ヴォクシーの特徴・魅力のレビュー!

ハイブリッドの低燃費が魅力のヴォクシー

ヴォクシーはトヨタのミニバンを代表する車種です。姉妹車のノアやエスクァイア、上級ミニバンのアルファードやヴェルファイアなど、トヨタは多くのミニバンを発売していますが、ヴォクシーはその中でも別格の売り上げを誇っています。

 

売り上げ好調の理由はなんといってもデザインでしょう。その証拠に、ガソリンとハイブリッドタイプの2種類があるにも関わらず、ガソリンタイプの方が売れているということがあります。エコ志向ならハイブリッドが売れてしかるべきですが、ヴォクシーの場合は車体価格が安めのガソリンタイプの方が売れているのです。つまり、走行性能や燃料コストよりもデザインが重視されているということなのです。

 

また、特殊なエアロを装着し迫力が増した「ZS」グレードもガソリンエンジンの方が先に用意されました。売れ行きのいいグレードもガソリンタイプの特別仕様車の「ZS煌」です。ハイブリッドよりもガソリンが待遇がいいのも売れ行きを考慮してのものでしょう。

 

なお、パワーユニットは

 

ハイブリッド → 1800ccエンジン+モーター
ガソリンエンジン → 2000ccエンジン

 

となっています。

 

低床下により車内スペース確保

 

デザイン面以外にも、車内スペースが広くなっている点も注目です。先代ヴォクシーに比べて約90mm床が低くなっているので、車内高が高く感じます。シートレイアウトも多彩で、7人乗りタイプなら2列目を80センチスライドさせて広大な足元の空間を作り出したり、左右を密着・離脱させてさまざまなアレンジを行うことができるようになっています。8人乗りの場合は多少レイアウトは限定されますが、2列目を前に動かして荷室を広くしたりなどのアレンジが可能です。

 

また、ミニバンと言うとどうしても3列目が狭く感じますが、ヴォクシーの場合全長が伸びているので、3列目でも快適に過ごすことができます。家族で旅行に行ったり、帰省するなどの長距離移動でも、ストレスなく過ごすことができます。

 

ヴォクシーの値引き事情は?

 

モデルチェンジからある程度時間が経っているので、一時期のような「納車まで何カ月もまたさせる」という状況ではありません。ただ、普通なら値引きが徐々に拡大していくところですが、売れ行きが好調で推移しているためトヨタも強気の販売戦略をとっています。

 

値引きを拡大するポイントはやはりトヨタ同士の競合です。具体的に言うとヴォクシー同士の競合、そしてノアとの相見積もりです。根気よくいろいろなディーラーをまわって、じっくり交渉を重ねていくことが値引き成功のカギとなるでしょう。

 

ヴォクシー主要緒元表

 

全長×全幅×全高 4,695×1,695×1,825mm
ホイールベース 2,850mm
車両重量 1,570kg
総排気量 1.797cc(ハイブリッド)
エンジン最高出力[kW(PS)/rpm] 73(99)/5,200(ハイブリッド)
エンジン最大トルク[N・m/rpm] 14.5kgf・m/4,000rpm(ハイブリッド)
ミッション CVT など
JC08モード燃費 23.8㎞/L(ハイブリッド)
定員 7人~8人
税込価格 2,996,509円


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/