ヴォクシーのメリット・デメリット

ヴォクシーのメリットやデメリットを紹介

現在、日本で一番売れているミニバンがヴォクシーです。なぜそれだけ人気があるかというと、さまざまなメリットがあるからです。もちろんデメリットもありますが、多くの利点があるからこそ、欠点も気にならない人が多いのです。

 

ここでは、ヴォクシーのメリット/デメリットについて徹底解説をします。

 

ヴォクシーのメリットについて

エアロや装飾が充実

ヴォクシーといえばなんといってもエアロ装飾が魅力です。グレードランキング上位はエアログレードが占めており、それだけエアロに魅力を感じている人が多いということになります。

 

トヨタもそれがわかっているのか、煌Ⅱという特別仕様車を出しており、爆発的なヒットとなっています。煌Ⅱの主な特徴を上げると、

 

フロントグリル/フロントグリルモール メッキ+ブラックメタリック塗装/高輝度シルバー
アウトサイドドアハンドル メッキ
バックドアガーニッシュ 車名ロゴ:メッキ+ダークスモーク塗装

 

↑のように、装飾周りの改良が多いです。それだけ、ヴォクシードライバーはエアロや装飾の充実を求めており、トヨタ側もそれにこたえているということです。したがって、とにかく「カッコイイ」車を求める人にとって、ヴォクシーはメリットだらけなのです。各グレード選びの詳細や人気については下のページをご覧ください。

 

>>ヴォクシーのグレード比較~おすすめや人気ランキング~

 

シートアレンジの自由度

ミニバンと言えばシートが3列目まであるので、シートアレンジの自由度はかなり重要です。その点、ヴォクシーは3列目を跳ね上げて、2列目を810mmもの超ロングスライドできたりなど、かなり自由度の高いシートアレンジが可能です。フルフラットも当然実現可能で、車中泊などにもしっかり対応しています。

 

燃費・経済性の高さ

ヴォクシーのハイブリッドモデルには、トヨタお得意のハイブリッドシステムが組み込まれており、燃費性能は23.8km/リットルとMサイズミニバンとしてはかなり高い経済性を誇っています。人気特別仕様車の「煌」ではハイブリッド仕様がなく、そこが欠点となっていましたが、「煌Ⅱ」が登場してハイブリッドにも対応し、燃費に関してはこれといった弱点が無くなりました。

 

ガソリンエンジンモデルの燃費性能は16.0km/リットルとあまりぱっとしない数値になっていますが、それでも同クラスのガソリンエンジンミニバンとそん色ない数値となっており、欠点とは言い切れません。

 

>>ヴォクシーの燃費は悪いってホント?実燃費は?

 

高い安全性能

最近は安全性能も車選びの一つのポイントとなっています。ヴォクシーはトヨタ車なので、「Toyota Sagety Sense C」というセキュリティパッケージが利用できます。そのため衝突回避の自動ブレーキ「プリクラッシュセーフティシステム」や車線逸脱回避機能「レーンディパーチャーアラートスイッチ」など、安全・快適な運転を可能とする機能を盛り込むことができます。

 

ヴォクシーのデメリットについて

 

納車が遅い

ヴォクシーは車体としては弱点が少なく、嫌なところがそれほどない車種ですが、人気が高いため納車期間が長いというのが欠点と言えば欠点です。ディーラーによってはいまだに3か月、4か月待ちなんてところも珍しくなく、手に入るまで時間がかかってしまうところがあります。

 

値引きが渋い

人気が高い車は、それだけ値引きが渋くなります。黙っていても売れるので、値引きをする必要がないからです。ヴォクシーもその雰囲気があって、値引きはあまり引き出せないことで知られています。安く買いにくいという点はヴォクシーのデメリットと言えるでしょう。

 

ミニバンは価格が高いのでできればコストカットしたいところですが、値引きにはそれなりのテクニックが必要となり、簡単ではありません。

 

メリット・デメリットまとめ

ヴォクシーは内外装が豪華で見た目もカッコよく、シートアレンジが豊富で、さらに燃費、経済性も高いので、家族全員がうれしいミニバンと言えます。ただ、人気がありすぎるために納期が遅く、価格も高く安くしにくいという欠点もあります。黙っていると5万円引きなんてこともありえるので、少しでも安くできるように工夫が必要です。↓のページでヴォクシーの値引きテクニックについて解説しているので、一度ご覧ください。

 

>>ヴォクシー値引きで50万円安く買う交渉術


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/