ヴォクシーのシートアレンジや7人乗り・8人乗りの比較

シートアレンジや7人乗り・8人乗りの情報のまとめ

ヴォクシーは多彩なシートアレンジを搭載しており、旧型に比べて利便性が大幅に向上しています。しかし、「アレンジが多彩すぎて何がいいのかよくわからない!」という人も多いでしょう。

 

また、7人乗りと8人乗り仕様に分かれており、どっちがいいのか迷っているドライバーもいるはず。

 

ここでは、ヴォクシーのシートアレンジの詳細や、7人乗り、8人乗りの違いを徹底解説します。

 

ヴォクシーのシートアレンジの特徴

ヴォクシーのシートアレンジは、7人乗りと8人乗りでかなり異なっています。なので、ここでは7人乗りシートと8人乗りシートに分けて解説していきます。

 

3列目跳ね上げ式は共通の特徴

ヴォクシーの3列目シートは、7人乗り、8人乗りにかかわらず共通の特徴となっています。左右の3列目シートを跳ね上げて、壁に貼り付ける形を採用しているため、3列目にフラットな空間ができます。そのため、さまざまなシートアレンジが可能となるのです。

 

7人乗りのシートアレンジ

ヴォクシーの7人乗りは2列目シートがキャプテンシートとなっており、「2人、2人、3人」の方式となります。

 

超ロングスライド


なんといっても最大の特徴は、2列目の「超ロングスライド」です。810mmものスライド幅を持っており、3列目を跳ね上げれば、もともと3列目があったスペースまで2列目を下げることができます。そのため、2列目の足元には広大なスペースができるのです。

 

2列目の横スライド


2列目はキャプテンシートなので、標準では左右に分かれています。しかし、もし離れていてさびしい、という場合は、2列目シートに付属しているスライドバーを動かすことで、横にスライドさせることができます。したがって、自由にくっつけたり、離したりすることが可能なのです。

 

ウォークスルー

2列目はスライドバーで自由にくっつけたり離したりできることは説明した通りですが、離した状態にしておくと、その隙間から3列目に自由に移動できる「ウォークスルー」が利用できます。2~3列目のアクセス性が大幅に増します。

 

9種類のアレンジモード

ヴォクシーの7人乗りシートの詳細はすでに解説した通り。この特徴を活かして、9種類のアレンジモードを楽しむことができます。

 

スーパーリラックスモード


3列目を跳ね上げて、2列目を限界まで後ろにスライドさせたモードです。2列目足元のスペースが非常に広く、快適な空間が実現します。4人で出かける、荷物の少ない日帰り旅行などで活躍するモードです。

 

フリーアクセスモード


2列目シートをスライドさせて間を空けるモードです。2~3列目をウォークスルーで移動できるため、子どもを3列目に乗せたときの乗り降りなどが便利になります。

 

だんらんモード


スーパーリラックスモードとは逆に、2列目シートをできるだけ運転席&助手席に近づけたモードです。4人でワイワイ話しながらドライブできるほか、荷室が広くなるので多くの荷物が積み込めます。

 

後席トライアングルモード


2列目キャプテンシートを1つだけ後方に下げることで、シート3つで三角形を作ることができます。2列目シートと3列目シートに子供を乗せて、二人同時に世話をすることができます。

 

前席ベビーケアモード


2列目シートを1つだけできるだけ前方にスライドすることで、2列目のチャイルドシートに乗せた子供を、助手席から世話することができます。

 

ラゲージモード


3列目シートを跳ね上げたモード。2列目シートに人が乗っていても多くの荷物を積むことができます。

 

ビッグラゲージモード


3列目シートを跳ね上げて、2列目シートを前方にスライドさせたモード。ラゲッジモードよりも荷室が広く使え、自転車やゴルフバッグなどの長尺荷物もたくさん積み込むことが可能です。

 

フロントフラットソファモード

1列目、2列目を倒してフラット空間を作ったモード。インパネ周りへのアクセスができるので、音楽を聞きながら寝そべったりしたいときに便利です。また、2列目が背もたれとして利用できるので、ゆったり座りたいときも重宝します。

 

リヤフラットソファモード

2列目、3列目を倒してフラット空間を作ったモード。フロントフラットソファモードとは違いインパネへのアクセスはできませんが、よりフラットな空間ができるので車中泊などに最適です。

 

8人乗りのシートアレンジ

ヴォクシー8人乗りは2列目シートが6:4分割式のベンチシートとなっており、「2人、3人、3人」の方式となります。

 

2列目のチップアップ

 

2列目がベンチシートとなるので、7人乗りの特徴である「2列目超ロングスライド」「2列目横スライド」「ウォークスルー」という特徴はなくなりますが、それでも2列目ロングスライド幅は580mmとなり、かなりのスライドが可能です。

 

また、8人乗りの2列目ベンチシートはチップアップ方式となり、あるていど折りたためるため、1列目にかなり近づけることができます。その分後方のスペースは広がり、7人乗りよりも多くの荷物を積めるという利点もあります。

 

4種類のアレンジモード

ヴォクシーの8人乗りシートでは、4種類のアレンジモードが利用できます。

 

  1. ラゲージモード
  2. ビッグラゲージモード
  3. フロントフラットソファモード
  4. リヤフラットソファモード

 

それぞれのモードの特徴は7人乗りと同じですが、2列目シートがチップアップ式になるため、8人乗りのほうが若干荷室を広く取ることができます。

 

各グレードの7人乗り、8人乗り選択状況

ここまで7人乗りと8人乗りのシートアレンジについて説明してきましたが、実はどのグレードでも7人乗り・8人乗りが自由に選べるわけではありません。グレードによっては7人乗りしか選べない場合があるので注意しましょう。各グレードの乗車人数状況については、以下の表にまとめました。

 

乗車人数

ヴォクシーハイブリッド

ヴォクシーガソリンエンジン

7人乗り

8人乗り

×

 

↑の表のとおり、ハイブリッドは7人乗りシートしか選べません。これはモーターを搭載する分構造が制限されるからで、8人乗りを選択したい場合はガソリンエンジングレードを選ぶしかありません。

 

各乗車人数の選び方

ドライバーの傾向や家族構成などによって、どっちがいいかは変わってきます。7人乗り、そして8人乗りはどんな人におすすめなのかを説明します。

 

まず7人乗りと8人乗りのざっくりとした特徴を整理してみましょう。

 

乗車人数 メリット デメリット
7人乗り

・2列目の快適性が高い。
・2~3列目のアクセス性が高い。

・最大乗車人数が少ない。
・8人乗りに比べて若干荷室が狭い。

8人乗り

・最大乗車人数が多い。
・若干荷室が広くできる。

・2列目の快適性が低い。
・2~3列目のアクセス性がない。

 

以上を考慮すると、それぞれのシートがおすすめな人は以下の通りになります。

 

7人乗りシートがおすすめな人

 

家族に幼児や高齢者がいる人

2列目がキャプテンシートになっており、なおかつ超ロングスライドが可能なので、2列目の乗り心地が非常に良いのが特徴です。そのため、子どもや高齢者を乗せることが多いなら快適なシートに乗せてあげることができます。

 

3~4人で出かけることが多い人

あまり大人数で乗ることがない、というのであれば、2列目シートが快適な7人乗り仕様のほうが快適にドライブが楽しめます。

 

8人乗りシートがおすすめな人

 

大人数で乗ることが多い人

最大8人が乗り込めるので、大人数で移動することが多いなら8人乗りを選んだほうがいいでしょう。

 

荷物をたくさん積むことが多い人

2列目がチップアップ方式のため、7人乗りに比べて荷室空間が広く取れます。

 

子どもの世話はどっちがやりやすい?

7人乗りの場合、「後席トライアングルモード」にすることで2人同時に世話ができます。ただ、8人乗りだと2人同時に世話ができないかというとそんなことはなく、2列目ベンチシートの両わきにチャイルドシートを設置し、真ん中に座れば両側の子どもの世話は可能です。

 

ただ、7人乗りの方がスペースに余裕があり、負担が少ないのは事実です。なので、快適に世話をしたいなら7人乗りを選んだ方がいいし、すばやく2人の世話をしたいなら8人乗りも選択肢に入るということになるでしょう。

 

7人乗りと8人乗りの価格の違いは?

 

7人乗りと8人乗りでは、実は7人乗りのほうが約3万円高くなっています。乗車人数が多いほうが高くなりそうなイメージがありますが、7人乗りのほうがシートのメカニズムが複雑なので、その分高くなっているのです。

 

したがって、ガソリンモデルのヴォクシーで7人乗りを選んだ場合は3万円価格アップします。コストカットをしたい場合は値引きなどで対応しましょう。基本的な値引き方法については↓の記事をご覧ください。

 

>>ヴォクシー値引きで50万円安く買う交渉術


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/