ヴォクシーのボディカラーの人気ランキングや各色のオプション価格

ヴォクシーの各ボディカラーのまとめ

ヴォクシーはエアロが人気ですが、おしゃれなボディーカラーを取り揃えている点も見逃せません。しかし、グレードによっては設定できない色があるなど、対応状況がまちまちで混乱をまねているのも事実。

 

ここでは、ヴォクシーのボディカラーのまとめと、各色の価格や対応状況、さらには人気のカラーをランキング形式で紹介します。

 

ヴォクシーのカラーバリエーション

 

まずは、ヴォクシーのカラーバリエーションについて知っておきましょう。

 

 

カラー名 画像

ホワイトパールクリスタルシャイン

白色

シルバーメタリック

シルバー

ブラック

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

青色

ボルドーマイカメタリック

紫色

オーシャンミントメタリック

水色

ダークバイオレットマイカメタリック

紺色

 

以上の全7色となっています。全体的に黒や銀、白などシックな色合いが多いですが、青などの鮮やか目な色も用意されており、さまざまなニーズに対応しています。

 

各色の対応状況

 

ヴォクシーの場合、どのグレードでも全色から選べるわけではありません。全グレード対応のボディカラーもありますが、グレード限定の色もあるので、こちらでまとめました。

 

カラー名 ZS V X(X"Cパッケージ")

ホワイトパールクリスタルシャシン

シルバーメタリック

ブラック

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

ボルドーマイカメタリック

×

×

オーシャンミントメタリック

×

ダークバイオレットマイカメタリック

×

 

このように、

 

ボルドーマイカメタリック → 「ZS」専用色
オーシャンミントメタリック →  「ZS」設定不可
ダークバイオレットマイカメタリック → 「ZS」設定不可

 

となっています。必然的に、「オーシャンミントメタリック」と「ダークバイオレットマイカメタリック」にはエアロ装着はできないということになります。

 

ZS煌Ⅱのボディカラーは?

特別仕様車のZS煌Ⅱは、専用色を含む全4色のカラーバリエーションとなっています。

 

ホワイトパールクリスタルシャイン

 

アイスチタニウムマイカメタリック

※特別設定色

 

ブラック

 

ブラッキッシュアゲハガラスフレーク

 

「アイスチタニウムマイカメタリック」という、薄い銀色については煌Ⅱでしか選択できません。

 

各色、ボディカラーの価格差

ヴォクシーについては、ボディカラーによってはメーカーオプション料金が追加されます。オプションカラーと価格については以下のとおりです。

 

ホワイトパールクリスタルシャイン(白色) 32,400円(消費税抜き30,000円)
ブラッキッシュアゲハガラスフレーク(青色) 32,400円(消費税抜き30,000円)

 

ヴォクシーの人気カラーランキング

ヴォクシーのボディカラー選びに迷ってしまった場合は、人気カラーから選んでみるのもよいでしょう。こちらでランキング形式で発表しますので、他の人が選んでいる人気色を選んでもいいですし、あえて違う色を選んだりなどの選び方ができます。

 

順位 カラー パーセント
ブラック 40%
ホワイトパールクリスタルシャイン 25%
シルバーメタリック 10%
4位 アイスチタニウムマイカメタリック 8%
5位 ブラッキッシュアゲハガラスフレーク 4%

黒、白、シルバーといった落ち着いた色合いがヴォクシーでは人気で、全体の半分以上を占めています。しかし、煌Ⅱ専用色のアイスチタニウムマイカメタリックや、鮮やかな青色の「ブラッキッシュアゲハガラスフレーク」などのユニークな色合いも根強い人気があります。おおよそ3台に1台程度は個性的な色合いを選んでいるということなので、思い切ってユニークな色にチャレンジしてみるのもよいでしょう。

 

旧型ヴォクシーとのカラーリング比較

 

↑は旧型ヴォクシーのカラーバリエーションです。

 

鮮やかな色合いが少ない

旧型は全体的に暗めの色合いが多く、赤色と水色ががある程度となっています。最近は鮮やかな色、光沢のある色が好まれているので、最近の流行からは外れていることがわかります。

 

追加料金が必要な色は少ない

全7色中、オプション料金が必要なのは「ホワイトパールクリスタルシャイン」のみとなっています。この色がオプション扱いなのは新型と同じですが、他の色は追加料金は必要なく、そこは良心的と言えます。

 

このように、旧型ヴォクシーはユニークな色合いが少なく、選択肢があまりないことがわかります。鮮やかな色は遠くからでも見つけやすく、駐車場などで映えるという特徴があるので、新型ヴォクシーの方がカラーリングの上では有利と言えるでしょう。


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/