ヴォクシーのメーカーオプションやパッケージの情報、おすすめの紹介

ヴォクシーのメーカーオプション情報

ヴォクシーのメーカーオプションは種類が多く、グレードごとに設定条件も違うため「どう選べばいいのか」と迷っている人が多いはずです。

 

ここでは、ヴォクシーのメーカーオプションの装備状況、価格などについて解説し、追加した方が良いメーカーオプションのおすすめをご紹介しています。

 

ヴォクシーのメーカーオプション価格と装備状況について

快適機能メーカーオプション

ツインムーンルーフ

オプション名

ZS/V

その他のグレード

ツインムーンルーフ

118,800円(税抜110,000円)

×

※「V」については、7人乗り仕様車のみ対応

 

天井の「ツインムーンルーフ」ですが、標準搭載のグレードはありません。メーカーオプションとして、「ZS」と「V」のみ設定が可能です。その他のグレードは設定不可となっており、煌Ⅱでも設定はできないので注意が必要です。

 

もしツインムーンルーフが絶対必要ということであれば、ガソリンエンジンの「ZS」「V」を選ぶほかありません。

 

安全機能メーカーオプション

Toyota Safety Sense C

 

オプション名

ハイブリッド全グレード、ZS、V

X、X"Cパッケージ"

Toyota Safety Sense C

標準装備

54,000円(税抜50,000円)

※Toyota Safety Sense Cを追加すると、先行車発進告知機能オートマチックハイビームのコンライトもセットで追加されます。

 

「Toyota Safety Sense C」は、トヨタが提供している安全機能のパッケージオプションとなっています。ヴォクシーでも、ハイブリッドの全グレード、およびガソリンエンジンモデルの「ZS」と「V」には標準装備となります。「X」、「X"Cパッケージ"」には標準では搭載されていませんが、メーカーオプションで追加可能です。

 

>>Toyota Safety Sense Cや自動ブレーキ安全性能について

 

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

 

オプション名

全グレード

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

48,600円(税抜45,000円)

 

1列目シートのフロントSRSエアバッグは全車標準装備となっていますが、サイドエアバッグは標準では搭載されず、全グレードメーカーオプション扱いとなっています。

 

インテリアメーカーオプション

リヤオートエアコン(リヤクーラー+リヤヒーター)

 

オプション名

ハイブリッドV

ハイブリッドZS、ハイブリッドX

ZS、V、X、X"Cパッケージ"

リヤオートエアコン・寒冷地仕様

90,720円

69,120円

 

フロントのオートエアコンは全車標準装備ですが、2列目~3列目の気温を快適に調整するリヤオートエアコンについては「ハイブリッドV」以外は非搭載となり、メーカーオプション圧化いとなります。

 

また、リヤオートエアコンは寒冷地仕様とのセットオプションとなるため、リヤオートエアコンを追加する場合は、寒冷地仕様もセットで付いてきます。そのため、価格は比較的高く、ハイブリッドグレードは9万円台、ガソリングレードでも6万円台となります。

 

なお、リヤクーラー(手動)については、全グレード共通で搭載されています。あくまでリヤオートエアコンがメーカーオプション扱うということなので、追加しないと後列の温度調整ができないというわけではありません。

 

パワースライドドア
オプション名

煌Ⅱ

ハイブリッドおよびガソリンのX"Cパッケージ以外"

X"Cパッケージ"

パワースライドドア

両側標準搭載

左側標準搭載(両側対応は59,400円)

非搭載(左側対応は81000円)

 

ヴォクシーは基本的にパワースライドドアは上旬では左側(助手席側)のみの対応となっています。煌Ⅱのみ標準で両側対応となり、それ以外は両側対応にするには59,400円のメーカーオプション追加が必要です。

 

また、最廉価グレードのX"Cパッケージ"についてはパワースライドそのものを標準搭載しておらず、81,000円支払うことでようやく左側のみ対応します。

 

メーカーパッケージオプションについて

ヴォクシーには、ナビ関連のメーカーパッケージオプションがあります。追加することで、複数のナビ関連の機能をまとめて付けることができます。

 

T-Connect SDナビゲーションシステム+ヴォクシー・パノラミックライブサウンドシステム

 

オプション名

ハイブリッドグレード、X"Cパッケージ"

ZS、X

V

ナビセットオプション

×

399,600円

366,120円

 

 

タッチ式の高精細8型ワイドディスプレイとETCユニット、パーキングアシストのセットオプションとなっています。

 

高精細8型ワイドディスプレイ

T-Connectナビゲーションシステム対応の8型ワイトナビとなります。ブルーレイディスク再生対応のオーディオレスとなっています。単に操作性のよい高機能ナビとしての働きだけでなく、8スピーカーのパノラミックライブサウンドシステムなどのオーディオ機能も充実しています。

 

T-Connectとは

 

トヨタスマートセンターと通信機器(スマホなど)でつなぐことで、通信によるナビ更新などのサービスを利用することができます(基本料金無料)。

 

各種車庫入れ機能

 

  1. インテリジェントパーキングアシスト
  2.  

    車庫入れのときに、車両がステアリング操作をアシストして駐車できます。ドライバーはシフトを「R」に入れるだけなので、周囲にぶつけたりすることなくスムーズに駐車できるのが魅力です。ブレーキ操作は可能なので、急に子どもが飛び出してきたときなどの対応も可能です。

     

  3. 広角カラーバックガイドモニター
  4.  

    バックカメラのモニターは画角を180度の「ワイド」モードにすることができます。そのため、広い視野で後方を確認でき、駐車時の事故を防ぐことが可能です。

 

おすすめのヴォクシーのメーカーオプションは?

ここまで、ヴォクシーのメーカーオプションについてまとめてきましたが、ここで追加すべきおすすめオプションについて紹介します。

 

Toyota Safety Sense C

標準装備のグレードが多いですが、廉価グレードの「X」「X"Cパッケージ"」にはついていません。もし廉価グレードを購入する場合は、Toyota Safety Sense Cはつけておいたほうがいいでしょう。単に安全性が高まるというだけでなく、安全機能は今トレンドにもなっているので中古車として売るときの価値もアップします。

 

SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ

どんなに安全性能が高くても、突発的な事故は防げないことがあります。そんなときは、サイドエアバッグを付けることで衝撃を緩和できるので、もしものときの安全性がアップします。全車メーカーオプション扱いとなっているので、予算が許す限りは追加しておいたほうが無難でしょう。

 

それほど必要ないメーカーオプション

 

ツインムーンルーフは設定できるグレードが少ないほか、価格が高いのでこだわりがない限りは不要でしょう。また、リヤオートエアコンも、もともと手動リヤクーラーはついていますし、人によっては不要な「寒冷地仕様」がムダに付いてきてしまうので無理に追加する必要はありません。

 

パワースライドドアは個人差が大きい部分ですが、最低限助手席側がついていれば快適性はそれほど損なわれません。どうしても両側が必要という場合は、約6万円を支払って追加するか、初めからついている煌Ⅱを選ぶというのがよいでしょう。

 

最後にナビセットオプションですが、確かに便利ではありますが価格が約40万円とかなり高価なのが気になります。ETCやナビは別の安いものもありますし、個別に購入しても大きな問題はないので、駐車がどうしても苦手というとき以外は選ばなくても問題はありません。

 

ヴォクシーのグレード比較の詳細については、↓の記事で説明しているのでご覧ください。

 

>>ヴォクシーのグレード比較~おすすめや人気ランキング~

 

また、メーカーオプションは値引きが可能です。交渉次第で、メーカーオプションを安くたくさん付けることも可能です。詳しい値引きのやり方は↓の記事をご覧ください。

 

>>ヴォクシー値引きで50万円安く買う交渉術

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/