ヴォクシーのToyota Safety Sense Cや自動ブレーキ安全性能について

ヴォクシーの高い安全性能

トヨタの運転支援システム「Toyota Safety Sense C」は、ヴォクシーも対応しています。そのためもあって、JNCAPの予防安全性能評価で満点(46点)を獲得しており、安全性能面でもヴォクシーは高い評価を受けています。

 

ここでは、「Toyota Safety Sense C」を中心に、ヴォクシーの安全性能について解説していきます。

 

Toyota Safety Sense Cって何?

「Toyota Safety Sense C」は、以下の3つの安全機能からなる運転支援機能です。ヴォクシー前部に装着されたレーザーレーダーと単眼カメラの2つのセンサーにより、高精細な検知が可能となり、3つの安全機能の制度を高めています。

 

  1. プリクラッシュセーフティシステムスイッチ
  2.  

    約15km/h~140km/hの広い速度域で動作する衝突予防装置です。走行中の前の車を検出し、衝突しそうになったら警報を発したり、強力なブレーキアシストを作動させたりします。また、自動ブレーキにも対応しており、時速30km/h~80km/hのスピードであれば約30km/hまで減速します。そのため衝突の回避や衝突時の被害軽減が可能となります。

     

  3. レーンディパーチャーアラートスイッチ
  4.  

    約50km/h以上で走行中に作動します。道路上の白線や黄腺を検知し、ドライバーがウィンカーを点けずに車線をはみ出しそうになるとブザーやディスプレイ警告で通知します。

     

  5. オートマチックハイビームスイッチ
  6.  

    通常時は自動的にハイビームを点灯し、歩行者などの素早く発見できます。また、対抗車などが近づいてくると自動的にロービームに落とし、対向車の目をくらませないようにしてくれます。

 

また、Toyota Safety Sense Cには以下の付帯機能がついています。

 

先行車発進告知機能

信号待ち、もしくは渋滞中などに前を走っている車の発進に気が付かなかったとき、ブザーやディスプレイ通知で知らせます。

 

その他のヴォクシー安全機能について

ヴォクシーの安全機能は「Toyota Safety Sense C」だけではありません。ここでまとめて紹介します。

 

ドライブスタートコントロール

シフトを操作したときに、急発進が起こるのを抑えたり、衝突してしまったときの被害を抑えるシステムです。

 

例えばバックをして後ろの障害物に当たってしまったときに、パニックになってシフトを「D」に設定し、アクセルをふかしてしまうことがあります。そんなときにドライブスタートコントロールが作動し、急発進や急加速を抑制するのです。また、マルチインフォメーションディスプレイ上に警告なども表示するので、ダブル効果で余計な事故を防ぐことができるのです。

 

緊急ブレーキシグナル

急ブレーキをかけた際に、ハザードランプも自動的に点滅します。そのため、後続車の注意をひくことができ、追突事故の可能性を下げることができます。

 

車両接近通報装置

※ハイブリッドグレードのみ対応

 

EV走行中はエンジン音がしないので、前方の歩行者などに気付かれずに車道飛び出しトラブルなどが起こることがあります。ヴォクシーには低速でのEV走行中に、外部に特殊な音を出して歩行者に接近を知らせることができます。

 

各種エアバッグ

ヴォクシーには2種類のエアバッグが用意されています。

 

SRSエアバッグ+SRSニーエアバッグ → 全車標準装備
SRSサイドエアバッグ+SRSカーテンシールドエアバッグ → 全車メーカーオプション

 

フロントシートの前方衝撃軽減機能として、「SRSエアバッグ+SRSニーエアバッグ」が全車標準装備。また、横からの衝突の衝撃を緩和するサイドエアバッグについては、全車メーカーオプションン対応となっています。

 

ヴォクシー安全性能まとめ

 

ヴォクシーにはさまざまな安全機能が搭載されており、最高峰の評価も受けています。ただし、Toyota Safety Sense Cは全車標準装備というわけではありません。場合によってはメーカーオプション扱いとなるので、詳しくは↓のページで確認してください。

 

>>メーカーオプション・パッケージのおすすめは何?

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/