ヴォクシーの4WDのシステム性能評価|ハイブリッド対応や価格

4WDのシステム性能評価と対応状況

ヴォクシーは旧型に比べて低床化されており、その分足回りのスペースが少なくなっているため、とくに4WDを実現するために各所に細かい改良が施されています。

 

フロントサスペンション形式はマクファーソンストラットとなっており、スプリングの支持とダンパーの支持を分けた入力分離式を採用しています。基本的な部品については従来のものを使用していますが、ブラケット(ストラットにスタビライザーリンクをつなげる)を平らな形からコの字型にして剛性を保っています。

 

リアサスペンションはトーションビーム式のままですが、ジオメトリーや4WD用のプロペラシャフトをよけるために「曲げ」など、多くの部分で設計し直されています。曲げについては旧型にもありましたが、今回は曲げの量が増えたためアーチ型から凸型に変更されています。そのため、スタビライザーも取り付けられています。その分重くはなりますが、ロール剛性が変更できるというメリットもあります。

 

低床化のメリットについては、取り付けブッシュが25mm下がったことにより、揺動軸の外下がりが強化されており、ロールステアでスタビリティが向上するようになっています。

 

結論としては、低床化によって設計が難しくなった4WDを、各種の工夫によって乗り越えており、従来以上の性能を発揮しているということになります。

 

4WDの対応状況

4WDは構成上部品が増えるため、対応グレードに制限があります。まずは以下の表をご覧ください。

 

駆動方式

ハイブリッド

ガソリングレード

2WD(FF)

4WD

×

 

↑の表を見てもわかる通り、ハイブリッドは4WDに対応していません。これは、ハイブリッドも4WDと同じく設計上部品が増えるからで、車体構造上両者の対応ができないからです。したがって、4WDを利用したい場合はガソリンエンジングレードを選ぶ必要があります。

 

2WDと4WDの利点・欠点比較

2WDと4WDにはそれぞれ利点と欠点があります。確かに4WDの方が雪道などの走行性能がアップしますが、欠点もあるので安易に選ばないほうがよいのです。まずは、各駆動方式の特徴を見てみましょう。

 

駆動方式 利点 欠点
2WD(FF)

・車体価格が安い
・燃費性能が高い

・悪路走破性が低い
4WD ・悪路走破性が高い

・車体価格が高い
・燃費性能が低い

 

↑の表でもわかる通り、2WDと4WDの評価軸は大きく分けて

 

  1. 車体価格
  2. 燃費性能
  3. 悪路走破性

 

の3つとなります。

 

車体価格

4WDを選ぶと、2WDに比べて約20万円の価格アップとなります。これは足回りの構造が複雑になるからで、できるだけコストを抑えたいなら2WDを選んだ方が有利となります。

 

燃費性能

4WDは、2WDに比べて燃費性能が悪いのが一般的です。ヴォクシーでもそれは同じで、燃費低下率は以下の通りとなります。

 

駆動方式 ZS、V X
2WD(FF) 16.0km/h 16.0km/h
4WD 14.8km/h 15.0km/h

 

ヴォクシーの場合、それほど燃費性能に変化はありませんが、それでも約8%程度の燃費性能低下が見られます。

 

>>ヴォクシーの燃費は悪いってホント?実燃費は?

 

悪路走破性

悪路走破性については4WDに軍配が上がります。例えば雪道を走る際、FFだと雪に埋まって空回りするなどのトラブルが考えられますが、4WDならたいていの場合は突破できます。

 

2WDと4WDの総評

4WDには「価格アップ」と「燃費性能ダウン」という欠点があるので、たいていの場合は選択する必要はないでしょう。ただし、雪道などを走ることが多いなら、ある程度の維持費用アップには目をつぶり、4WDを選んでおくというのも手です。

 

もちろんコストがかかることに違いはないので、ヴォクシーの車体価格値引きなどでコストカットをしておくべきです。

 

>>ヴォクシー値引きで50万円安く買う交渉術

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/