ヴォクシー人気グレードの違い

ヴォクシーのグレードを選ぼう

ヴォクシーに限らず、新車を購入する際はグレード選びが必要です。しっかりグレードを選んでおかないと、迷っているのが営業マンに見破られてしまい、ディーラーが一番売りたいグレードを売り込まれてしまいます。後で後悔しないよう、自分に一番合ったグレードを選ぶようにしましょう。

 

まずは、ヴォクシーのグレードについて把握しておきましょう。

 

グレード名 価格 特徴
ハイブリッドX 2,931,429円 ハイブリッド/クルーズコントロール/パワースライドドア
ハイブリッドV 3,054,857円 ハイブリッド/クルーズコントロール/パワースライドドア/快適温熱シート
ハイブリッドZS 3,229,200円 ハイブリッド/クルーズコントロール/パワースライドドア/快適温熱シート/フロント大型バンパー/オレンジ内装
X“C Package” 2,273,143円~2,478,857円 ガソリンエンジン
2,437,714円~2,674,285円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ
V 2,643,429円~2,880,000円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ/クルーズコントロール
ZS 2,643,429円~2,868,685円 ガソリンエンジン/パワースライドドア/アイドリングストップ/フロント大型バンパーオレンジ内装

まずガソリンかハイブリッドかを選ぶ

ヴォクシーのグレードは、「ハイブリッド」「ガソリンエンジン」でくっきり分かれています。なので、はじめにどのパワーユニットを選ぶかを決めたほうがグレード選びはしやすいでしょう。その後、自分に合ったグレードを探してみましょう。

 

パワーユニットを選択する際のポイントはたった1つです。それは「トータルコスト」です。

トータルコストを考える

ヴォクシーのハイブリッドと聞くと、どうしても「燃料コストが安く済みそうだから、ヴォクシーのハイブリッドがいい」と思ってしまいがちです。間違いではないのですが、その理由だけで購入すると思わぬ落とし穴が待っています。なぜなら、ヴォクシーはハイブリッドとガソリンエンジンだと、ハイブリッドグレードの方がグッと車体価格が高くなるからです。

 

パワーユニット 車体価格
ヴォクシーハイブリッド 300万円~320万円
ヴォクシーガソリンエンジン 230万円~270万円

 

↑の比較表を見ると一目瞭然ですが、ハイブリッドの方がガソリンエンジンタイプよりも50万円程度価格が高くなっています。

 

走っているうちに、グレード差額を燃費コストでペイできるのではないか、と思われるかもしれません。しかし、実はヴォクシーのハイブリッドとガソリンの間に燃費性能の差はそれほどなく、50万円の車体価格差をペイするには20万キロ走らなければいけません。乗りつぶすつもりならともかく、ヴォクシーを数年で買い替えるつもりならトータルコストでは損をしてしまうことになりかねません。

 

従って、ハイブリッドかガソリンかの選択は以下の通りになります。

 

ハイブリッド

・燃費性能が高いほうがいい
・10年以上使って乗りつぶすつもりだ
・給油回数を減らしたい

ガソリンエンジン

・低コストでヴォクシーに乗りたい
・数年で乗り換える予定

 

駆動方式や乗車人数について

 

ヴォクシーのガソリンエンジンモデルは、乗車人数(7人/8人)と駆動方式(2WD/4WD)の選択もできます。

 

ヴォクシーの乗車人数については7人乗りが無難でしょう。さまざまなシートアレンジができるほか、3万円ほど8人乗りよりも安くなります。よほど多人数を載せる機会が多くない限りは7人乗りがおすすめです。

 

ヴォクシーの駆動方式については、4WDの方が2WDよりも20万円高くなります。しかも燃費性能も落ちるので、4WDの方が総額で30万円ほど多くコストがかかると考えていいでしょう。なので、通常であれば2WDを選ぶのがよいでしょう。坂道や雪道などを走る機会が多い場合のみ、4WDを選択肢に入れるといいでしょう。

 

ハイブリッドを選んだ場合

それでは、ヴォクシーのハイブリッドを選択した場合のグレード選びを考えてみましょう。

 

エアロ・装飾を重視する場合

ヴォクシーの醍醐味と言えばやはりエアロや装飾です。「やはり見た目を重視したい!」というのであれば、「ZS煌Ⅱ」がおすすめです。

 

もともと特別仕様車の「煌」はハイブリッドの設定がなく、見た目を重視する場合は燃費・経済性には目をつぶらなければいけないという弱点がありました。しかし、煌Ⅱが登場して、ハイブリッドも選択可能になりました。なので、「ハイブリッドがよくて、なおかつ見た目も気にする」という場合は、煌Ⅱ以外ありえません。

 

「予算がきついから、ZSにしたい」という方もいるかもしれません。確かに、ZSとZS煌Ⅱの差額は10万円となり、安くはありません。とはいえ、ZS煌Ⅱに追加される装備は

 

  1. フロントグリル
  2. アウトサイドドアハンドル
  3. バックドアガーニッシュ
  4. フロントフォグランプ
  5. 両側パワースライドドア
  6. 6スピーカー

 

など実にさまざまです。しかも、両側パワースライドドアはメーカーオプションで59,400円となるため、残りの装備が4万円で買えるのと同じことになります。アップする10万円は値引きなどの対策でカバーすればOK。ちょっと安いからといってZSを買ってしまうと後悔するかもしれません。

 

コストを重視する場合

特に装飾は気にしないから、コストのバランスを重視したいという人もいるでしょう。かといって、安易に安いグレードを買ってしまうと、装備が貧弱でストレスがたまるかもしれません。やはり、装備とコストのバランスはしっかり見ておいたほうがいいです。

 

内装・外装の豪華さをいったん置いておいて、安全・快適性能を評価してみましょう。↓の表をご覧ください。

 

オプション名

ハイブリッドZS

ハイブリッドV

ハイブリッドX

クルーズコントロール

×

×

ナノイー

×

×

快適温熱シート

×

×

スピーカー

4スピーカー

6スピーカー

4スピーカー

 

↑は安全・快適性能の装備格差がある部分を抜き出した表です。

 

最廉価の「X」と中級グレードの「V」に装備格差があるのはわかりますが、実はエアログレードの「ZS」よりも「V」の方が、快適装備に関しては優れているのです。「ZS」はエアロ部分にお金がかかっているので、快適性能が一部削られているわけです。

 

そう考えると、装飾部分を気にしないなら、あえて「ZS」を選ぶ必要はなく、「V」で十分ということがわかります。

 

ハイブリッドグレードまとめ

見た目重視でヴォクシーを選んでいる場合は、「ZS煌Ⅱ」がだんぜんオススメです。「ZS」でもエアロ類は搭載されますが、差額10万円で追加されるオプション差がありすぎます。

 

逆に、快適性能を重視するなら、あえて「ZS煌Ⅱ」や「ZS」を選ぶ必要はなく、「V」でOKです。エアロは付きませんが、そのぶんクルーズコントロールなどの快適性能がしっかり搭載されるのです。

 

なお、ハイブリッド最廉価の「ハイブリッドX」については、どっちつかずの中途半端なので、あまり選ばなくてもよいでしょう。実際、人気もあまりありません。

 

総合的に考えると、人気や見た目で選ぶなら「ハイブリッドZS煌Ⅱ」、コスト面を考慮するなら「ハイブリッドV」がベストグレードとなります。

 

ガソリンエンジンを選んだ場合

次に、ヴォクシーのガソリンエンジンモデルを選んだ場合についてです。

 

こちらも基本的にはハイブリッドの場合と同じく、

 

見た目重視 → ZS煌Ⅱ
快適性重視 → V

 

という形で問題ありません。「快適性能もそれほどいらなくて、ひたすらコストを重視したい」という場合は、Xを選んでもよいでしょう。

 

ただ、いくらコスト重視といっても、最廉価グレードのX"Cパッケージ"についてはおすすめできません。

 

グレード名

アイドリングストップ

パワースライドドア

X"Cパッケージ"

なし

メーカーオプション(左側:¥81,000円)

 

「X"Cパッケージ"」は、↑の表のように、アイドリングストップが「なし」で、しかもパワースライドドアは左側のみメーカーオプションという状態です。パワースライドドアは快適にミニバンを使用するうえで必須ですし、そもそもアイドリングストップがないので燃費性能が落ち、10年乗るころにはトータルコストが上級グレードより高くなってしまいます。

 

なので、いくら安いからといって最廉価グレードを選ぶ意味はまったくありません。

 

ガソリンエンジングレードまとめ

見た目重視なら「ZS煌Ⅱ」の一択です。コスト重視なら、VかXで検討すればよいでしょう。最廉価のX"Cパッケージ"は、選ぶメリットがありません。

 

ZS煌2が新登場

 

ZS煌(特別仕様車)の後継として、ZS煌2が登場しました。煌との大きな違いは、なんといってもハイブリッド版も用意されているという点です。煌の場合はガソリンエンジンしかラインナップされていなかったので、燃費については目をつぶるしかありませんでしたが、煌2は低燃費志向のドライバーでも満足できる内容となっています。

 

その他の違いとしては、

 

  1. オートスライドドア両側が標準装備
  2. フロントグリルモール[高輝度シルバー]
  3. LEDフロントフォグランプ

 

が挙げられます。いずれも外装面の変更が中心となっており、よりかっこいい見た目を追求した形となっていますが、違う言い方をすれば「それほど変わっていない」と言うこともできるでしょう。

 

やはり、「ハイブリッド派でも特別仕様車が買える」というのが一番大きな違いとなるでしょう。

 

ヴォクシーの人気グレードは?

 

ランキング グレード名 比率
1位 ZS煌2(特別仕様車) 60%
2位 V 15%
3位 X 15%

1位はヴォクシー特別仕様車の「ZS煌2」で、60%ものドライバーが選ぶほど圧倒的な人気となっています。2位以下はいずれもガソリンエンジングレードとなっており、ハイブリッドを選ぶ人はそれほど多くないことを示しています。やはりトータルコストを気にしている人が多いことがわかると思います。

 

ヴォクシーの格安購入術

 

できれば、ヴォクシーはなるべく安く買いたいところです。ただ、ヴォクシーは値引き限界額が25万円程度ですし、交渉もなかなか難しいです。

 

なので、もっと安く買いたいなら未使用車を検討してみましょう。

 

ヴォクシーの未使用車は車体・保証も新車と同様ですし、しかも格段に安く購入することが可能です。

 

  ヴォクシー ZS 煌2 新車 ヴォクシー ZS 煌2 未使用車
外観    
ボディカラー ホワイトパールクリスタル ホワイトパールクリスタル
走行距離 2~3km 4km
装備

・セーフティセンス
・両側電動スライドドア
・スタンダードナビ
・ETC
・フロアマット

・セーフティセンス
・両側電動スライドドア
・スタンダードナビ
・ETC
・フロアマット

車体現金価格+重量税・取得税 ¥3,256,000 ¥2,846,000

差額は40万円

 

↑は「ヴォクシー ZS煌2」の価格比較ですが、車体の価格差が大きく、なおかつ未使用車は新車登録済みとなるため取得税・重量税がかかりません。そのため、40万円もの価格差がつくのです。ディーラー値引きの場合、20万円程度しか割引できませんから、かなり安く煌2を買えることになります。

 

また、煌2が登場したことにより、煌の未使用車が値崩れを起こしており、50万円~80万円引きでの購入が可能となっています。煌は在庫が無くなり次第終了となりますので、今のうちに煌の未使用車を狙うのも手です。

 

ZS煌2はちょっと高いなあ…
4WDにしたいけど予算が厳しい…

 

こんな場合でも、未使用ヴォクシーなら予算内で買える可能性が高いです。

 

未使用車の探し方は?

未使用車は中古車ショップで手に入ります。しかし、グレード・ボディカラーがお店ごとにまちまちなので、自分好みのヴォクシーを探すのに手間がかかります。そこで、ネットで探すのをおすすめします。

 

ただ、注意点が1つあります。というのも、ネットでは未使用車のほとんどが「非公開」となっているのです。「Goo-net」や「カーセンサー」で探しても、思ったよりも見つかりません。実は、オンラインで公開されている車の何倍もの非公開車両があるのです。

 

なので、ネットで希望通りの未使用ヴォクシーを探すなら、「非公開対応」サービスを使うのが必須です。

 

非公開対応なら「なびくる+」がおすすめ

非公開車両を探すときに役だつのが「なびくる+」です。非公開対応なのは当然ですが、年間60万台もの在庫があり、希望のヴォクシーが見つかる可能性が高いのが魅力です。

 

 

↑は記入例の1つですが、「備考欄」に自分の希望を入力しておけば、一番最適な未使用ヴォクシーを提案してもらえます。

 

非公開車両なしで未使用ヴォクシーを探すのは無謀ですし、もったいないです。1度はこのようなサービスを試しておいたほうがいいでしょう。

 

なお、なびくる+は中古車も豊富に置いてあります。走行距離1万キロ未満で修復歴なしなんて条件であれば、半額近い価格で買えることもあります。なので、予算が限られているなら中古車も選択肢に入れておくといいでしょう。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
 https://a-navikuru.com/

 

未使用車の保証はどうなの?

 

新車には3年間のメーカー保証が付くことになっていますが、それは未使用車も同じです。ディーラーに持ち込むことで、新車同様のメーカー保証を付けることができます。

 

また、走行距離についても新車とほとんど変わりません。未使用車は3~10km程度走っていることが多いですが、新車も最終テストで必ず数キロ走るので、車体の状態としては変わらないのです。

 

デメリットはないの?

 

もちろん、未使用車にはデメリットもあります。

 

①グレード・ボディカラー変更がきかない

 

未使用車は完成された状態となるので、グレード・ボディカラーの変更ができません。

 

②メーカーオプションの追加NG

 

同じく未使用車は完成品なので、メーカーオプションを追加することができません。
(ディーラーオプションは自由追加可能)

 

ただし、「なびくる+」を使った場合はこのデメリットも解消できます。あらかじめ、希望のグレード・ボディカラー・メーカーオプションを条件指定しておけば、それ以外の条件のものは提案されません。

 

なびくる+の公式サイトはこちら
 https://a-navikuru.com/


今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/