ヴォクシーとライバル車種の違い

ヴォクシーのライバルを知れば値引きもうまくいく

ヴォクシーはミニバン車種となります。なのでライバル車種もひしめいています。各社ともミニバンには力を入れており、売り上げ1位のヴォクシーを倒すべく数多くのライバルを投入しています。

 

ヴォクシーの主なライバルは以下の通りです。

 

セレナ(日産) 概要
 

日産の人気ミニバン車種。かつてはヴォクシー/ノアやステップワゴンと人気を分け合っていたが、ハイブリッド化に出遅れて人気は低迷。しかしその後ハイブリッド化を行い、自動ブレーキなどの先進技術によって人気も回復気味。

 

人気グレード:ハイウェイスターVセレクション+SafetyII(272万円)

ステップワゴン(ホンダ) 概要
 

セレナと同じく、ハイブリッド化に出遅れ売れ行きが落ちていた。しかしモデルチェンジによって縦にも横にも開くテールゲート「わくらくゲート」を採用して人気再燃。ハイブリッドにも期待がもたれている。

 

人気グレード:G(248万円)

ビアンテ(マツダ) 概要
 

最近活躍著しいマツダの車ながら、ヴォクシーやセレナ、ステップワゴンなどに押されて大苦戦。ただし売れ行きが弱い分値引き幅が非常に大きく、格安でミニバンを購入したい人に人気だ。

 

人気グレード:グランツ スカイアクティブ(267万円)

 

オデッセイやフリードは?

同じミニバンのオデッセイやフリードも人気ですが、ヴォクシーのライバルかといわれると疑問があります。

 

まずオデッセイは価格帯がヴォクシーより高いので、どちらかというとアルファードやヴェルファイアのライバルといえるでしょう。なので値引き交渉のときにオデッセイを持ち出してしまうと商談がこじれるかもしれません。

 

次にフリードですが、こちらは逆にサイズが小さく価格が安いのでヴォクシーとの相見積もりには向きません。シエンタを購入する際の強力なライバルといえるでしょう。

 

ヴォクシーとライバル車種の比較

 

ヴォクシーのライバルについて知りたいということは、

 

・ヴォクシーを買うかどうか迷っている
・ヴォクシーの値引きの交渉材料を探している

 

のどちらかということだと思います。なので、ライバルについて把握し、ヴォクシーの値引き交渉に役だてつつ、他のライバル車種に目移りするようならその車種の購入を考える、という考え方でいいでしょう。

 

ヴォクシーの値引きの基本はトヨタ同士の競合ですが、商談が煮詰まったりしたときにライバル車種の相見積もりが役立ちます。

 

しかし、何も知らないまま適当にライバル車種の話をすると、それは営業マンにあっさりと見破られます。なので、しっかりライバル車種のことを研究しておき、いつでも受け答えできるようにしておく必要があるのです。

 

ここでは、ヴォクシーの値引き交渉の材料という点を重視してライバル車種を解説していきます。

 

セレナ

・視界が開けている
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ
・自動ブレーキ機能

ステップワゴン

・わくわくゲートが便利
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ
・燃費性能はヴォクシーより上

ビアンテ

・とにかく値引きが大きい
・価格帯はヴォクシーとほぼ同じ
・燃費性能が低い

 

↑はそれぞれの特徴です。値引き交渉に便利な要素が赤文字、NGワードが青文字となっています。

 

セレナの場合

 

セレナはヴォクシーと価格帯も装備も比較的似ているので、値引き交渉をするときにアピールポイントがあまりないのが特徴です。しいていえば、ウィンドー形状が工夫されていて360度視界が開けている点です。

 

なので、ヴォクシーを値引きするときのアピールポイントとしては「セレナを試乗してみたけど、視界が開けてて運転しやすかった。なので迷っている」などと言うと「試乗までしてるのか」と相手も警戒するでしょう。

 

NGワードは自動ブレーキです。日産といえば自動ブレーキを押していますが、ヴォクシーにも自動ブレーキは設定されています。なので自動ブレーキでアピールしてしまうと、「ヴォクシーにもついてますよ」と言われて商談が後退してしまう可能性が高いです。

 

ステップワゴンの場合

 

ステップワゴンもヴォクシーとよく似た車なので、アピールポイントが難しいところがあります。ステップワゴンのモデルチェンジよって「わくわくゲート」が採用されたので、「あのわくわくゲート、すごい便利だね。ステップワゴンもいいなあ」といって攻めるといいでしょう。

 

NGワードは燃費についての話です。確かにガソリンタイプのヴォクシーに比べて若干燃費性能は高いのですが、その差はたったの1km/リットルです。その点を執拗に攻めてしまうと、「かなりケチな人だな。頑張って値引きしても満足しないんじゃないか」と思われてしまう可能性があります。

 

ビアンテの場合

 

ビアンテはあまり人気のない車種なので、そもそもビアンテとヴォクシーを相見積もりしようとする人が多くありません。なので競合させても営業マンの反応は鈍いかもしれません。

 

ポイントとしては、ビアンテは数十万円の超大幅値引きが取れることがあるので、「ビアンテがすごく安くなりそう。ヴォクシーも頑張ってくれれば契約を考えるんだけど…」のようなアピールが効くでしょう。ただし、そのためには、必ずあらかじめビアンテの見積もりを取って交渉を進めておく必要があります。

 

「ビアンテは燃費が悪そう」などはNGワードです。交渉中にわざわざ言うことはないと思いますが、もし口をすべらせると「うちのヴォクシーの方が燃費がいいですよ!」と相手に主導権を与えてしまう流れになりかねません。

今乗っている車の価値を調べよう

ヴォクシーの購入予定なら、今乗っている愛車の買取相場は調べておくべきです。そうしないと、ディーラー下取り査定額がもし安かったとしても、気付かないで数十万円からの大損をするかもしれません。

下取り額と買い取り相場の差額は60万円を超える場合も!まずはかんたん車査定ガイドなどのオンライン一括査定を使って、下取りで安く買い叩かれるのを予防しましょう。

↑の画像のように、かんたん車査定ガイドならその場で即時に愛車の買取相場が把握できます。

→ http://a-satei.com/